実は男性にも起こる更年期障害~どんな特徴があるのか~

ホルモンの減少が原因です

笑顔の医者

更年期障害はホルモンバランスの乱れが関係しており、女性だけでなく男性にも発症することもあります。更年期障害の症状にいくつも当てはまる場合は、早めに医師に診てもらうようにしましょう。

詳しくはこちら

更年期なると出る症状

頭を押さえる人

更年期障害とは

更年期は、女性の場合であれば卵巣機能が衰え、女性ホルモンの分泌が減少して閉経を迎える前後の期間になり、40代半ば頃に発生するとされます。閉経そのものは、個人差があり早い人もいれば遅い人も居るため一般には45歳が目安とされます。男性の場合にも更年期は存在していますが閉経といったものがないため、女性とは異なり、発生する時期は決まっていません。いずれにしてもそれまでのホルモンバランスが変化する時期であり、このホルモンバランスの変化によってさまざまな症状が出てきます。これらの症状を総じて更年期障害といいますが、更年期障害の症状も個人によって大きく変わり、軽度なケースもありますし、重症化して周囲に悪影響を及ぼすこともあります。

治すための方法

更年期障害の症状としては、ほてり、のぼせ、胸の痛みや頻脈、発汗、めまい、ふらつき、耳鳴り、倦怠感や疲れやすさ、肥満、やせ、むくみ、頭痛、冷え、頻尿、抜け毛や薄毛など広範囲です。また肩こりがひどくなったり、腰痛、手足のしびれ、精神状態が悪化してイライラしたり不安に思ったり、神経質になったり眠れないといったものもあります。いずれにしてもこれらの更年期障害の症状はホルモンバランスの変化によって引き起こされるものであるため、治療法としてはホルモン注射によるホルモン補充療法が一般的です。漢方薬や低用量ピルを使ってホルモンバランスを安定させることでも改善することができます。またホルモンバランスは更年期という時期以外にも生活習慣や食事によって乱れることもあるため、生活習慣と食生活を見直すことでも更年期障害を改善させることができます。

適切な治療が必要

頭痛

更年期障害は多くの女性を悩ます症状ですが、ホルモン療法や適切な食生活を心がけることで、少しでも楽に更年期障害を乗り切ることができます。大切なことは、過度な治療をせずにゆっくりと更年期障害と向き合っていくことです。

詳しくはこちら

治療法や症状

カウンセリング

女性のほとんどが体験する更年期障害は人によって症状の度合いが異なってきます。治療せずにそのまま自然に治まるケースがほとんどですが、症状が出た場合は専門クリニックで治療を受ける必要が出てくることもあります。

詳しくはこちら

Copyright © 2016 実は男性にも起こる更年期障害~どんな特徴があるのか~ All Rights Reserved.